太陽光発電

太陽光発電 トップ

太陽光発電がなぜ勧めらているのか
太陽光発電は「太陽電池」と呼ばれる装置を使用し、太陽エネルギーを電気に変換する発電方法です。

現在日本は、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っていますが、こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまうものです。

しかし、太陽光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化してきているエネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。

また、クリーンであることも大きな特徴です。
発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を発電時に発生することはありません。

エネルギー源の確保が簡単で、地球にも優しい太陽光発電。
日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、その導入量のさらなる増加が期待されます。

太陽エネルギーとはどれくらいなのか

地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1㎡あたり約1kW(100Wの電球およそ10個分)。

もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなえるほどの巨大なエネルギーであり、化石燃料と違い枯渇する心配はありません。

地球全体が太陽から受けるエネルギーは、地表や海面で熱に変わり、ごく一部が風や波、海流などを起こすエネルギー源となります。
また、化石燃料も太陽エネルギーが蓄積されたものです。
環境にどれくらい貢献できるのか?

太陽光発電システムを設置することにより、火力発電所から排出されるCO2の削減と、そこで消費される原油量の節約が可能となります。

10KWの太陽光発電システムを設置した場合、全国平均で年間約10,000KWhの発電量が期待できます。
これは原油消費削減量としては年間約2,270L、CO2排出削減量としては年間3.14t-CO2となります。

(KWh(キロワットハワード)・・・1時間あたりの電気使用量)